« マルタのやさしい刺繍 (2006) | トップページ | 愛を読むひと (2008) »

2009/06/18

かけひきは恋のはじまり

George_clooney2Leatherheads (2008年アメリカ 113min)
監   督:ジョージ・クルーニー
脚   本:ダンカン・ブラントリー/リック・ライリー
撮影監督:ニュートン・トーマス・サイジェル
編   集:スティーブン・ミリオン
音   楽:ランディ・ニューマン
衣装デザイン:ルイーズ・フログリー
プロダクション・デザイン:ジム・ビッセル
出   演
ジョージ・クルーニー  (ドッジ・コネリー/プロのアメフト
レニー・ゼルウィガー  (レクシー・リトルトン/婦人記者
ジョン・クラシンスキー (カーター・ラザフォード/カレッジフットボールのスター
ジョナサン・プライス  (C.C.フレイジャー

1925年アメリカ。
フットボールのプロチームは創設間もないこともあり存亡の危機!
一方、カレッジフットボールは人気があった。中でも第一次大戦の英雄の肩書きを持つカーター(ジョン・クラシンスキー)が大活躍で、国民的スターとなっていた。

アメフトをこよなく愛する中年選手ドッジ・コネリー(ジョージ・クルーニー)は、“ダルース・ブルドッグス”(プロ)のキャプテン。
この存亡の危機を乗り越える策を考えた・・・
国民的スターカーターをプロの世界へ引き込もうと!

一方、女性ながら凄腕記者レクシー(レニー・ゼルウィガー)は、カーターの武勇伝にまつわるスキャンダルを探りに・・・

“カーター”を接点に “出くわした”レクシーとドッジ・・。

1920年代(禁酒法時代)アメリカのムードたっぷりに、
レクシーとドッジの
丁々発止の掛け合いが楽しい作品。

Leatherheads1私の評価 ★★★★★★☆ 6.5
この時代のムードは、好きな方。
楽しいような~、何気なく見る分では良かった♪
昨年観たのですが、
今一インパクトに掛けるイメージなのです。が、
DVDでもう一度観ても良いかなと思う。

戦争前後のハリウッドのコメディー作品を見ているような感じ。(スクリューボール・コメディへのオマージュでしょうか~)

主演のジョージ・クルーニー、レニー・ゼルウィガーのコメディーセンスの良さもさることながら、もう一人の主役ジョン・クラシンスキーも好演。
そしてジョナサン・プライスでしっかり脇を固めた感じで、良い味を出している。

そうそう、“ダルース・ブルドッグス”のマスコットドッグのブルドックも印象に残っている(笑)

さて、邦題は、、、??? いったい誰が付けたのでしょうね?(笑) 
原題 “Leatherheads”とは、フットボールの選手たちのこと。
強化プラスティックのヘルメット登場は1939年。それ以前は、皮製のヘッドギアをかぶっていたことから、フットボールの選手を“レザーヘッド”と呼んでいたそうです。

原題タイトルからすると、恋の物語が重点ではなく、プロ・フットボール創設時の事の方が重点では?と思ってしまいます。 邦題のタイトルもあって、どっちつかず?の感じがいっそう強く感じてしまった。  

|

« マルタのやさしい刺繍 (2006) | トップページ | 愛を読むひと (2008) »

シネマ <カ>」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かけひきは恋のはじまり:

« マルタのやさしい刺繍 (2006) | トップページ | 愛を読むひと (2008) »